【原神】旅行に行きたくてうずうずしているあなたへ!旅行気分が味わえるゲーム紹介

beautiful view of moraine lake旅行
Photo by Jaime Reimer on Pexels.com
旅行
奏

こんにちは!

ですくとりっぷ(@desk_trip)、奏です。

  • コロナ禍でも旅行気分を味わいたい……
  • とにかく冒険したい!

そういった方へ、この記事では旅行気分を味わえるオススメのゲーム「原神」を紹介します。

スポンサーリンク

原神の「世界を旅する魅力」

原神は2019年にリリースした、中国の企業miHoYo(HoYoverse)が運営しているオープンワールドRPGゲームです。

スマホ、PS4、PS5、PCでプレイ可能です。基本無料で遊ぶことができます。

オープンワールド

原神のオープンワールドなゲームです。行きたいところに行くことができます。

ストーリーをほったらかしでも陸続きのところであれば大体行かれます。

高画質

4Kのモニターでプレイしてみると本当にきれいです。それまでのゲームと没入感が違います。

特に璃月港という港町があるのですが、丘から見下ろしたときはあまりのキレイさにため息をついてしまいました。

NPCの人間味

原神のすごいところはNPCにも人間性があるところです。ドラマがあります。

話を聞いてみると他のNPCが言っていたことと繋がっていて、「これってもしかして……」となることがあります。

ゲームとしての魅力

無理のないイベント量

私は依然違うソシャゲを5年近くやっていました。しかし、あまりのイベントの多さに、社会人になるとついていけなくなってしまいました。

その点原神は無理のないイベント量と期間で、余裕を持ってプレイできます。周回の必要性があるイベントも10回ほどで終わります。報酬も最上級ではガチャ石は配りません。最上級は努力目標になるので時間がないときはそこまでやる必要はなく、疲れません。

自分のペースで進められる

原神は基本一人でシナリオを進めていくRPGゲームです。そのため、自分のペースでシナリオを進めることができます。

もちろんマルチプレイにも対応しており、世界ランクが同じ人とは一緒に遊ぶことができます。メインストーリーはできませんが一緒にワールドを走りまわったり、秘境というクエストで魔物を倒したりできます。

必要素材数

キャラをレベルアップさせるために必要な素材数も無限に周回しなくてはいけないという数ではありません。

濃縮樹脂と呼ばれる、二回分を一回で入手できるアイテムがあるので素材集めの時間が短縮できます。

まとめ

原神を旅する魅力は、オープンワールドであり、人間味のあるNPCとふれあい、高画質で楽しめる。

原神のゲームとしての魅力は無理のないイベント量で、自分のペースで進められて必要育成素材数も良心的であるところでした。

いかがでしたか?

フレンド募集中です^^ 一緒に旅しましょう。

タイトルとURLをコピーしました